債務整理の種類

標準

債務整理の中で最も簡単なのが、任意整理と呼ばれる方法です。任意整理は、今ある借金を任意で返済するため、裁判所を通さずに直接債権者と交渉する事で借金を減額することができます。任意整理を行うと、ほとんどの場合これから先に支払うはずだった利息がカットになります。もしも今まで多く利息を払い過ぎていた場合には、これを過払い金として請求できるため、過払い金を元金返済に充てて、残りの残金を月々無理のない範囲で返済していく交渉をします。任意整理は、完全に借金を無くすことはできませんが、裁判所を利用しないので、人に知られることもなく、整理する業者も選べるのがメリットです。

民事再生は、任意整理と似ていますが、住宅などの財産を維持したまま、裁判所の認可を得て借金を減額してもらい、3年から5年かけて借金返済をして行く方法です。自己破産とは違い、マイホームなどを手放さなくて済むので、借金額が多く全額を返済できなくても、財産は処分されると困るという人にぴったりです。減額後の借金を数年かけて完済すれば、住宅ローン以外の借金は免除されます。

債務整理の中で最もメリットとデメリットが大きいのは自己破産です。借金を支払う能力がないと裁判所に認められた場合、全ての借金を支払う義務がなくなります。20万円を超える財産は原則すべて処分されるため家などを手放さなくてはなりませんが、どうしても支払えない借金の支払い義務を免れることができるのは大きなメリットです。

債務整理にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。困った時は弁護士に相談して、自分にどの債務整理が合うかをアドバイスしてもらうのが一番です。