債務整理の種類

標準

債務整理の中で最も簡単なのが、任意整理と呼ばれる方法です。任意整理は、今ある借金を任意で返済するため、裁判所を通さずに直接債権者と交渉する事で借金を減額することができます。任意整理を行うと、ほとんどの場合これから先に支払うはずだった利息がカットになります。もしも今まで多く利息を払い過ぎていた場合には、これを過払い金として請求できるため、過払い金を元金返済に充てて、残りの残金を月々無理のない範囲で返済していく交渉をします。任意整理は、完全に借金を無くすことはできませんが、裁判所を利用しないので、人に知られることもなく、整理する業者も選べるのがメリットです。

民事再生は、任意整理と似ていますが、住宅などの財産を維持したまま、裁判所の認可を得て借金を減額してもらい、3年から5年かけて借金返済をして行く方法です。自己破産とは違い、マイホームなどを手放さなくて済むので、借金額が多く全額を返済できなくても、財産は処分されると困るという人にぴったりです。減額後の借金を数年かけて完済すれば、住宅ローン以外の借金は免除されます。

債務整理の中で最もメリットとデメリットが大きいのは自己破産です。借金を支払う能力がないと裁判所に認められた場合、全ての借金を支払う義務がなくなります。20万円を超える財産は原則すべて処分されるため家などを手放さなくてはなりませんが、どうしても支払えない借金の支払い義務を免れることができるのは大きなメリットです。

債務整理にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。困った時は弁護士に相談して、自分にどの債務整理が合うかをアドバイスしてもらうのが一番です。

債務整理を検討してみる

標準

債務整理というと、破産してしまうというネガティブなイメージを持つ人が多いですが、債務整理にはさまざまなパターンがあり、その人の経済状況や借金額に合わせて、債務整理の方法も選ぶことができます。債務整理をしてしまうと、何もかもがおしまいになってしまうのではないかと考えて、弁護士に相談できないという人もいます。しかし、それは全くの間違いなのです。

債務整理とは、今ある借金を法的に見直して、無理のない方法で債務を返済していくための方法です。たとえば、借金は返したいけれどマイホームを手放すのは避けたい、とにかく全ての借金を無くしてゼロからやり直したいなど、その人によって事情はさまざまです。

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産など、いくつかのパターンがあります。また、債務整理を行う中で、払いすぎていた利息が戻ってくるというケースもあります。これを過払い金と言いますが、過払い金が戻ってくることで、借金が大幅に減額される可能性もあるのです。

債務整理の方法は、本人の希望と、経済状況によって変わります。債務整理の有無も含めて、借金返済に悩んだら、まず弁護士に相談してみるのがいいでしょう。今の自分に一番合った債務整理の方法を提案してくれるはずです。

関連リンク【債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所】

借金の悩みはプロに相談

標準

多額の借金を抱えてしまい、毎月の返済がどうしても苦しいという悩みをお持ちの方は、まず一人で悩まず、信頼できる専門家にすぐ相談する事が必要です。多額の負債に苦しんでいると、毎月の返済日が近付くたびに気の休まらない思いをする事になります。しかし、弁護士に相談する事で、つらい借金生活から抜け出すきっかけを掴むことができます。借金の返済に困った場合の対処法についての知識をまとめてみました。

まず、借金返済を自力で何とかするために、借り換えローンやおまとめローンを利用して、月々の返済額を少なくするという方法があります。しかし、こうしたローンを利用して債務を一本化したとしても、借金総額は減るわけではありません。また、借入業者が少なくなったことで心に油断が生まれてしまい、新たな借金を繰り返してしまう人が多いのも借り換えの特徴です。毎月の借金を減額しても、その分新たに借りてしまっては意味がありません。一度借金の一本化をすると、再度おまとめローンなどを利用する事は難しくなり、結果的に状況を悪化させてしまう場合が多いのです。

今ある借金を確実に返済するには、弁護士の力を借りて債務整理を行うのが最も安全な方法です。借金を重ねて多重債務に陥ってしまった場合は、自分の力だけでは解決するのは難しいです。早急に債務整理を行って、借金の苦しみから一日も早く逃れましょう。弁護士に相談する事で借金の督促もなくなりますし、何より弁護士に力になってもらえるという安心感は大きいです。借金返済に困ったら、一人で悩まずプロに相談しましょう。

これから弁護士に相談しようと考えている方のために、当サイトでは借金の返済方法についてまとめました。借金返済の参考にしてみて下さい。